上映作品一覧

全日程上映3作品

  • うそのせかいのはなし

    監督:藤井道人|出演:小川あん / 速田隆成 / 田中美晴 / 小川ガオ / 他|21分

    世の中の全てに不満を持つ高校生のナミ。18歳になったある朝、ナミの世界は一変する。近しい人々が怪物に見えるようになってしまう。その現象は治らず、徐々にナミは衰弱していく。SSFF&ASIA2016正式出品

    監督
    藤井道人

    映画監督・脚本家
    2014年伊坂幸太郎原作「オー!ファーザー」でメジャーデビュー。その後「7s/セブンス」「嘘つきの恋」とコンスタントに作品を発表。ドラマでは湊かなえ原作「望郷」、Netflixオリジナルドラマ「野武士のグルメ」を演出し、ポケットモンスターやアメリカンエクスプレスの広告のディレクションも手掛けるなど、多岐にわたり活躍中。

    予告ムービーはこちら

  • ダムドガールズキャバレークラブ

    監督:川村清人|出演:チャナナ沙梨奈 / 今村雪乃 / 谷仲恵輔 / 川角佳弘 / 他|25分

    女優になるため上京を夢見る高校生の瑞希。だが父親の純一は頑なにそれを許そうとはしない。瑞希は上京資金を貯めるため、内緒でキャバクラで働きはじめる。ある日偶然純一が店にやって来て…。

    監督
    川村清人

    1981年福島県出身。2010年『forgive』を監督し7つの賞を受賞。2013年『GREAT ROMANCE』(共同監督飯塚貴士)でMOOSIC LAB審査員特別賞。2014年『Go!Go!家電男子 THE MOVIE』がユナイテッドシネマ豊洲ほか全国5館で公開。2015年『夜があけたら』(主演:武田梨奈)でゆうばり国際ファンタスティック映画祭招待。2016年片平里菜の楽曲を元に福島市で「最高の仕打ち」を監督。最新作はおかずクラブ出演のミュージカル映画「ハーベスト!」。

    予告ムービーはこちら

  • 鼓動×∞

    監督:アベラヒデノブ|出演:麻美 / 近藤喜代市 / 早田ゆり子 / 桃果 / 他|25分

    愛を吸って、愛を吐き出す、愛の深呼吸。この世は愛でいっぱい満員電車。この空気は愛、あの空は愛、お日さまもお月さまも、みんな皆んな愛。愛とか何とか言う前に、震えが止まらねぇんだよ

    監督
    アベラヒデノブ

    監督・俳優。ニューヨーク出身
    主演・監督作品「死にたすぎるハダカ」2012年モントリオール・ファンタジア映画祭入賞、福井映画祭2012グランプリ。「めちゃくちゃなステップで」SSFF&ASIA 2014 UULAアワード受賞。その他にもLOTTEとのコラボムービー「MY NAME」、TVCM「週刊少年チャンピオンCMリベンジマッチ篇,恋の予感篇」、ぺことりゅうちぇる主演「キレイモCM 毛の恋いも今日でサヨナラ」、主演・足立梨花でMay J. 「Love is tough」の世界観をモチーフにした短編映画「ブーケなんていらない!」など。ジャンルにこだわらず、監督、俳優、音楽活動など、精力的に活動を展開している。

    予告ムービーはこちら

日替わり上映6作品

  • ゴッサム ジャンブル パフェ

    監督:Yuki Saito|出演:篠崎功希 / 加藤雅也 / 他|15分

    1/28 (土)

    血しぶきを浴びたヤクザ風の男の前に、クリームソーダまみれの若者が一人。2人の間には拳銃一丁と死体一体。辺りを見回すと年増のウエイトレスと黒人客もいる。混沌とした空気が漂うカフェで、ヤクザ風の男はパフェを頼む。SSFF&ASIA2015 観客賞受賞

    監督
    Yuki Saito

    ハリウッドで8年間映画を学ぶ。2006年に帰国後は、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督他、名匠の撮影現場に参加。SSFFでは4度の「観客賞」を受賞、短編映画『しゃぶしゃぶスピリット』は、世界50以上の映画祭で上映される。2013年「ペンギンナビ」がカンヌ国際広告祭でゴールドを受賞し、3年連続のカンヌライオン受賞を達成。ドラマでは「ロボサン」(14)、「昼のセント酒」(16)が話題を呼ぶ。2016年、川端康成原作「古都」を現代版にアレンジし、松雪泰子を主演に、橋本愛、成海璃子、伊原剛志、奥田瑛二など実力派俳優が出演し、商業長編デビューを飾る。

    予告ムービーはこちら

  • 1/29 (日)

    のりおくんとまっきーにゃ。

    監督:安藤光造|出演:アベラヒデノブ / 間宮夕貴 / 大鶴義丹 / 千原せいじ /他|30分

    役者を目指して上京した勘違い野郎ノリオは芸能事務所にも落ちてしまった。少しでも役者に拘わりたい一心から映画制作部でバイトすることに。「こんなはずじゃなかった。」と思いながら日々を送っていたある日、キャバ嬢である、マッキーニャと出会う。

    監督
    安藤光造

    東京都世田谷区出身
    カリフォルニア大学サンタバーバラ校UCSBELP留学 法政大学法学部
    2003年映像制作会社ドッグシュガー設立
    松竹株式会社発起の戦隊特撮番組「魔弾戦記リュウケンドー」
    「トミカヒーローレスキューフォース」等の特撮プロジェクトを製作。
    2006年映画「パラ族」「サンモニ」監督。
    モデル益若つばさを映画にて初起用。以来多くの商業映画を手掛けています。
    アマチュアカーレーサーでもあり自動車を使った映画が多く、
    映画「スピードマスター」や「ガクドリ」等でも独自のカーアクションを取り入れています。
    著書:三次元バブル。

    予告ムービーはこちら

  • 1/30 (月)

    2/3 (金)

    まなざし

    監督:戸田彬弘|出演:池端レイナ / 石田えり / 妹尾青洸 / 小林麗菜 /他|22分

    カメラマンを目指す優は、父を亡くして以来3年ぶりの帰郷。父の死を未だに受け入れられない優と母・景子は、互いにすれ違いながらも共に父の死を受け入れていく。冬の終わりを待つ釧路を舞台に、次なる旅路への母娘の物語。SSFF&ASIA2015 、SSF2015正式出品

    監督
    戸田彬弘

    チーズfilm代表。1983年生まれ。近畿大学演劇芸能専攻(現、舞台芸術専攻)卒業。
    映画監督の他に脚本家、舞台演出や演技指導者、プロデューサーとしても活動している。
    2014年に「ねこにみかん」で長編劇場デビュー。新人監督映画祭にて準グランプリを受賞。他国内外の映画祭で多数受賞。
    最新作は2017年劇場公開「名前」(道尾秀介原案)
    映画以外にPASSPO☆「Growing Up」PV、HY「会いたい」 ショートフィルム。全葬連CM「娘の遺りもの」篇などを監督。
    他に2017年には東京芸術劇場シアターウエストにて、舞台「THE VOICE」作・演出が決定している。
    他の舞台作品としては、サンモールスタジオ選定賞2015最優秀脚本賞を受賞した「川辺市子のために」やオリジナル作品「美しいひと」、大竹野正典作「黄昏ワルツ」等がある。

    予告ムービーはこちら

  • 1/31 (火)

    My NAME

    監督:アベラヒデノブ|出演:松本穂香 / 柳喬之 / 池端レイナ / 中村僚志 / 他|13分

    高校2年生のマコは家でも学校でも、自己主張が少ないタイプ。学校の授業はさぼり気味でいつも保健室で小説を書く。学校に行く楽しみは屋上でギターをひいているツバサを遠くから見つめることだった。そんなある日、いつものように屋上にいるツバサを見ていると、突然のアクシデントでツバサと会話することになってしまう…。

    監督
    アベラヒデノブ

    監督・俳優。ニューヨーク出身
    主演・監督作品「死にたすぎるハダカ」2012年モントリオール・ファンタジア映画祭入賞、福井映画祭2012グランプリ。「めちゃくちゃなステップで」SSFF&ASIA 2014 UULAアワード受賞。その他にもLOTTEとのコラボムービー「MY NAME」、TVCM「週刊少年チャンピオンCMリベンジマッチ篇,恋の予感篇」、ぺことりゅうちぇる主演「キレイモCM 毛の恋いも今日でサヨナラ」、主演・足立梨花でMay J. 「Love is tough」の世界観をモチーフにした短編映画「ブーケなんていらない!」など。ジャンルにこだわらず、監督、俳優、音楽活動など、精力的に活動を展開している。

    予告ムービーはこちら

  • 2/1 (水)

    class work

    監督:榊原有佑|出演:花坂椎南 / 井上康 / 池畑 暢平 / 他|14分

    陽菜はガラス職人の父と2人暮らし。中学3年、進路を決める時期。父に認められたい陽菜は、父の工房に就職すると言いだすが、父の久幸は賛成しない。ガラス細工を作って父を説得しようとする陽菜は作り方を探しに工房の本棚をあさりに行く。するとそこで亡き母の残したお菓子のレシピを見つけ、父の陽菜への想いも知ることとなる。

    監督
    榊原有佑

    2013年初監督を努めた短編映画「平穏な日々、奇蹟の陽」がアジア最大の国際映画祭「ShortShortFilmFestival2014&Asia」JAPAN部門にノミネート。2016年、JリーグFC東京の2015シーズンを追った長編ドキュメンタリー映画「BAILE TOKYO」を劇場公開する。2017年初夏に長編劇映画の撮影予定。

    予告ムービーはこちら

  • 2/2 (木)

    ふたりだけの声

    監督:金井純一|出演:山口まゆ / 三谷麟太郎 / 大島次子 / 他|15分

    冬休みに祖母の家に預けられた柑奈。柑奈は縁側で寝転がりいつもの様にイヤホンをつけ落語を聞いていた。柑奈は誰もいないと思い、落語家をまねてみる。すると小学生の柊太が庭先からのぞいていた。柊太は声が出ない子だった。柊太は柑奈の落語を聞き、楽しそうにしている。柊太は次の日も柑奈のもとを訪れて…。

    監督
    金井純一

    大学在学中よりドキュメンタリー作品をはじめとした映像作品を製作。2012年、短編「転校生」が第7回札幌国際短編映画祭にて最優秀監督賞、最優秀国内作品賞の2冠を達成。第17回釜山国際映画祭ではソンジェ賞特別賞を受賞。2013年11月公開の「ゆるせない、逢いたい」で劇場長編映画デビュー。2014年公開の映画「さよならケーキとふしぎなランプ」は、吉祥寺バウスシアタークロージング作品に選ばれた。2015年Panaspnicストラーダの短編WebCM「家族の夢」は再生回数100万回を突破。2016年、新作映画「ちょき」が公開。

    予告ムービーはこちら