「Daughters」津田肇監督がポーランドのFive Flavours映画祭オンラインレッドカーペッドに登壇!

ポーランドの「Five Flavours映画祭」にて『Daughters』の津田 肇監督がオンラインレッドカーペッドに登壇致しました。

https://www.piecsmakow.pl/aktualnosc.do?lang=en&id=504

今回Daughtersを映画祭に推薦いただいたプログラマーのJagoda Murczynska(ヤゴタ・ムルチンスカ)氏より、作品についての推薦コメントをいただきました。

It’s a great challenge to prepare an online edition of the Festival, but we are proud and happy that the directors are eager to share their thoughts and connect with our audience via online meetings. As we are in the middle of the Five Flavours Film Festival now, we can see already that “Daughters” is one of the films gaining a great attention from Polish audiences and one of the most popular films of the festival. Its depiction of young women living in modern city, the intimate portrait of female friendship and the precise, thoughtful choices of colors and music has won the hearts of our viewers. 

Jagoda Murczynska, Five Flavours Asian Film Festival programmer

映画祭のオンライン配信は大変な挑戦ですが、監督たちがオンライン会議を通して考えを共有し、観客とつながることを熱望していることを誇りに思い、嬉しく思います。
現在、ファイブフレーバー映画祭開催中ですが、「Daughters」はポーランドの観客から大きな注目を集めている映画の1つであり、映画祭で最も人気のある映画の1つとなっております。近代都市に住む若い女性の描写、女性の友情の親密な肖像画、そして色と音楽の正確で思慮深い選択は、私たち観客の心を掴みました。

ファイブフレーバーアジア映画祭プログラマー
Jagoda Murczynska

Scroll to Top