竹中直人、山田孝之、齊藤工が監督を担当!『∞ゾッキ シリーズ』製作発表会見!!

孤高の天才と称される人気漫画家、大橋裕之の幻の初期作品集『ゾッキA』『ゾッキB』に収録された珠玉の作品たちを、日本を代表する俳優であり、クリエイターとしても異能を示す、竹中直人×山田孝之×齊藤工という三人が共同監督を務め、一本の長編映画としてまとめ上げた映画『ゾッキ』、その裏側をドキュメンタリーとして描いた映画『裏ゾッキ』の公開から約1年。

続編として、地域ごとに展開する、ドラマ・ドキュメンタリー・旅番組を融合した、全12回『∞ゾッキ シリーズ』の製作が決定いたしました!映画『ゾッキ』でも監督を務めた竹中直人監督、山田孝之監督、齊藤工監督がドラマシリーズでも再度監督を務めます。本『∞ゾッキ シリーズ』は、4月3日(日)よりBSデジタル放送「BSJapanext」で先行放送開始!5月には撮影地域でのイベント上映会、7月よりAmazon Prime Videoほか配信スタートが決定し、順次世界に発信予定です。

この度、放送を記念して、『∞ゾッキ シリーズ』(読み方:ムゲンゾッキ シリーズ)の製作発表会見を4月3日(日)に実施いたしました!

竹中直人監督、原作者の大橋裕之、プロデューサーの伊藤主税、蒲郡市、豊橋市、豊田市の各市市長らが登壇!

映画『ゾッキ』『裏ゾッキ』は愛知県の蒲郡市で生まれましたが、「∞ゾッキ シリーズ」は、企業が行政の地域振興事業に対して寄付をする「企業版ふるさと納税」の制度を活用して、蒲郡市、 豊田市、豊橋市の3市で撮影されます。映像コンテンツをきっかけとした地域連携と地域創生の新しい形が、ここに誕生します!

また、ドラマとあわせて、“市民が主役“の製作の裏側を追ったドキュメンタリー『裏ゾッキ』続編や、地域の魅力を紹介する『旅ゾッキ』の制作も決定!今回の製作発表会見では、『∞ゾッキ シリーズ』に対する意気込みから、地域と密接なコンテンツ作りや可能性について存分に語っていただきました!

大村秀章 愛知県知事 コメント

みなさん、こんにちは。 愛知県知事の大村秀章です。 このたび、ゾッキ新作の制作が決定したとのことで、誠におめでとうございます。 昨年公開された映画「ゾッキ」は、蒲郡市で撮影が行われ、 多くの市民が積極的 に撮影支援に参加することで、地域が大いに盛り上がり、街が賑わい、活性化に つながった素晴らしい事例だと思います。 今回は蒲郡市に加えて、豊田市、豊橋市とも連携しながら撮影が行われるという ことで、愛知県内で地域を盛り上げる取組みが広がっていることを大変嬉しく思 います。 愛知県としましてもこのような素晴らしい取組みを応援してまいりたいと思います。 「∞ゾッキ シリーズ」を多くの方が楽しみ、そして愛知県の地 域振興に大いに貢献してくれることを期待しております。「∞ゾッキ シリーズ」の 展開、心待ちにしています。

 

 

Scroll to Top